セミナーインフォメーション

【情報セキュリティ研修ご担当者向けセミナー】
標的型攻撃メールの恐怖

情報セキュリティご担当者様

情報セキュリティ事故は増加の一途をたどり、最善の防御をつくすもますます巧妙化が進んでいるサイバー攻撃に対して完全には守れない不安も出てきています。
特に標的型攻撃メールなどのメール攻撃の手口が複雑で高度化され、攻撃を完全に防御するのはシステムでは難しいとも言われています。
これからの攻撃を「未然に防ぐ」ためや、攻撃を受けた場合でも「被害を防ぐ」ための対策は、利用者一人ひとりの行動に依存することが多くなっています。
その面で、社員に対する教育を通して攻撃への理解を深め、何かが起こった場合の対処を事前に把握して自らの行動に直結させることが求められています。
事故のダメージは大きく、企業の存亡が危ぶまれることもありますが、訓練や教育を受けることで法人様でも事故防止に尽力されていることと思います。
社員研修を通して、標的型攻撃メールのリスクを減らす対策についてご紹介いたします。

プレゼンター

株式会社ネットラーニング コースウェア事業部 副事業部長 北川 光雄


開催場所 株式会社ネットラーニング 東京本社(新宿) 第三会議室  MAP
定員 20名(要予約:※先着順)
参加費 無料
開催日程 2018年7月27日(金)
15:30~17:00 (開場 15:15)

株式会社ネットラーニングのセミナー一覧はこちら