NetLearning Press Room~過去の新着情報~

教育訓練給付制度について

※本ページでご紹介しているコースについては、2011年10月1日開講分より制度対象外となります。
教育訓練給付制度の利用をご検討の方は、事前にお問合せください。
教育訓練給付制度について
支給対象者と支給額
受給資格について
教育訓練給付制度対象講座一覧
お申込みから給付までの流れ
FAQ
特長1        
  教育訓練給付制度について

この制度は、働く人の主体的な能力開発の取組みを支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とした雇用保険の給付制度です。
一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者(在職中の方)または、一般被保険者であった方(離職中の方)が、厚生労働大臣の指定する講座を受講し修了した場合、支払った受講料の一定割合に相当する額(上限あり)が「雇用保険」から支給されます。

 
 
特長2      
 

支給対象者と支給額

<支給対象者>
受講開始日において次の1または2のいずれかに該当する方で、厚生労働大臣が指定した講座を 受講し修了した方

 
       
   

在職者
(雇用保険の一般被保険者)

受講開始日において、雇用保険の一般被保険者である期間が通算して3年以上ある方

※一度退職して改めて就職された場合、再就職するまでの空白期間が1年以内であれば、前職の一般被保険者であった期間も通算されます。

離職者
(雇用保険の一般被保険者であった方)

受講開始日において、一般被保険者資格を喪失した日(離職日の翌日)以降、受講開始日までの期間が1年以内であり、かつ通算3年以上の雇用保険被保険者期間がある方

 
     
   

<支給額>
ご本人が支払った受講料から雇用保険の一般被保険者期間によって一定の割合が支給されます。

 
     
   
雇用保険一般被保険者期間 3年以上
給付率 20%
上限額 10万円
 
    ※初回に限り被保険者期間1年以上で受給可能となります。
※ただし、支給額が4,000円を超えない場合は支給されません。
 
 
特長3      
 

受給資格について

教育訓練給付金の支給申請に先立ち、ご自身が受講したいと思っているコースの受講開始(予定)日現在において、教育訓練給付金の受給資格があるかどうかをハローワーク(公共職業安定所)にて照会することができます。受給開始(予定)日現在で、ご自身の支給要件の判断が難しい方は、この照会によってあらかじめ確認してから受講することをお勧めします。
※ネットラーニングでは、支給要件を満たしているかどうかの判断はできませんので、受給資格の有無等不明な方は、必ずハローワークにてご確認ください。

 
 
特長4      
 

教育訓練給付制度対象講座一覧

 
     
   
対象コース名 価格
(税込)
標準
学習時間
サンプル
基本情報技術者 合格総合対策コース(C) \29,400 110時間
基本情報技術者 合格総合対策コース(COBOL) \29,400 110時間
基本情報技術者 合格総合対策コース(Java) \29,400 110時間
基本情報技術者 合格総合対策コース(アセンブラ言語) \29,400 110時間
基本情報技術者 合格総合対策コース(表計算) \29,400 110時間
 
特長5      
 

お申込みから給付までの流れ   >> 分かりやすいフロー図はこちら

 
     
   
Step1 コース申込 教育訓練給付金の受給資格の有無をあらかじめ確認してから申込することをお勧めします。
Step2 教育訓練給付制度利用のご連絡 コースのお申込みだけですと、教育訓練給付制度申込の登録は完了しておりません。必ず、以下の書類をネットラーニングまでご郵送ください。 書類の返送をもって給付制度の登録完了とさせていただきます。
  1. 教育訓練給付制度申請申込書
  2. 身分証明書のコピー
  • ※コースお申込みの際に教育訓練給付制度を使用する旨を必ずお伝えください。
  • ※コース申込日より1ヶ月以内に給付制度の登録を完了されることをお願いしています。
  • ※給付制度の登録完了後、メールでお知らせします。

Step3 コース受講開始 修了認定基準を満たすように計画的に学習してください。
Step4 修了確認テスト 修了認定基準を満たすには、「全てのエクササイズに回答し、かつ修了確認テストにおいて60%以上の正答率を取得すること」が必要です。
Step5 コース受講修了 所定の期間内に条件を満たして修了された方には ネットラーニングより、以下3点を受講修了後10日以内にご送付いたします。この期間で書類が届かない場合は、お手数ですが至急お問合せください。
  1. 「教育訓練給付金支給申請書」
  2. 「教育訓練修了証明書」
  3. 「領収書」
Step6 給付金申請手続き

教育訓練を受講した本人が、本人の住居所を管轄するハローワーク(公共職業安定所)に対して、書類を提出することによって行います。 受講修了日の翌日から起算して 1ヶ月以内 に申請手続を行ってください。これを過ぎると受け付けてもらえませんのでご注意ください。

<ネットラーニングから受講修了後、送付する書類>
 1.「教育訓練給付金支給申請書」
 2.「教育訓練修了証明書」
 3.「領収書」

<ご自身でご用意いただく書類>
 4.「住所を確認できる書類」
 5.「雇用保険被保険者証」


不明な点がございましたら、ご本人の住所を管轄するハローワーク、またはネットラーニングまでお問合せください。
Step7 教育訓練給付金の支給 ご指定の口座に給付金が振り込まれます。
 
 
特長6      
 

FAQ

 
     
   

Q

この制度は一人あたり何コースまで利用できるのでしょうか?

A

3年に1コースです。
1人あたり3年に1回。コースは1つに限られます。
過去に給付金を受給したことのある方は、以前に受給した教育訓練講座の受講開始日から通算3年以上の一般被保険者期間が必要です。

 
     
   

Q

受講料を会社が補助した場合は、支給対象にならないのでしょうか?

A

自己負担した金額が対象です。
支給の対象となる経費は、受講される方が自らの名においてお支払いになった費用をいい、会社から支払われた費用は対象となりません。
受講者本人と会社等がそれぞれの名義で区分してお支払いになった場合、そのうち受講者本人がお支払いになった額が経費とみなされます。

 
     
   

Q

受講開始日に受給資格が必要とありますが、その受講開始日はどの日ですか?

A

コースの受講期間の開始日をさします。コースをお申込いただいた日ではございません。

 
     
   

Q

受講開始後の教育訓練給付制度申込は認められないのでしょうか?

A

原則としてコースの申込みから1ヶ月以内です。
管理を行う関係上、コースをお申込いただいた日から1ヶ月以内に給付制度の申請申込を完了されることをお願いしております。それ以降に関しましては、弊社担当者までお問合せください。

 
     
   

Q

修了認定基準は?

A

「全てのエクササイズに回答し、かつ修了確認テストおいて60%以上の正答率を取得すること」が要件となります。

 
     
   

Q

給付金はいつ支給されますか?

A

コース修了後になります。途中で受講を辞めてしまった場合や受講期間内に修了しなかった場合は支給されません。

 
     
   
●厚生労働省
▼教育訓練給付の支給申請手続について
http://www2.mhlw.go.jp/topics/seido/anteikyoku/kyouiku/index.htm
   
▼厚生労働省の地方組織所在案内(ハローワーク所在地一覧)
http://www.mhlw.go.jp/kyujin/hwmap.html